コンテンツへ移動

白騎士物語その後。

白騎士物語アバター
白騎士物語、まだやってます。
上の写真は白騎士物語の私のアバター(キャラクター)です。
一度ストーリーパートが終わっているので中々レベルがあがりません。

ストーリーパートがなぜ短かったのか、今更ながら解った気がします。
現在ストーリーパート2週目です。

2週目と言ってもほとんどムービーで、一度見ているのでスキップしまくる。
モンスターの強さは1週目と一緒だけどレベルだけ継続できるので
ビックリするほど簡単に・・・。変身不要。

白騎士物語、全体的にはファンタジー好きな私にはとても面白く、
「古の鼓動」は3部作のうちの最初のお話しだそうで、
思いっきり途中でお話しが終わるんです。
映画ロードオブザリングの第一部を見終わった後と全く同じ感覚になりました。
「ここで終わるのかよ!!!!」。なので次回作とっても楽しみです(笑)

でもストーリーパートの作り込みの甘さがかなりありますので
やはりFFシリーズやDQシリーズなどを沢山経験してると
ビックリしちゃう人も多いはず。
全体的なお話しの方が先立ってしまって各キャラクターの深みがあまり見えてこない。
たとえば、主人公が衝撃的な自分の出生の事実を聞いてるのに
簡単に受け入れている様子だったり。私なら暫く立ち直れない様な内容をです。
そういった感じで全てがスルーな感じで進行していく感じがありました。
逆に言えば、FFシリーズなどはその辺の作り込みが深く
現代の人の心を掴む何かが人気なんでしょうね。

FFXで主人公とヒロインが水の中でいちゃつく素敵なシーンがあるんですが、
それに似たシーンがあってちょっとビックリしました。
ただ・・・出来は全く違いましたが・・・。

ストーリーとは別にライブパート(オンライン)の方ですが
こっちはストーリーの方で攻略した街やダンジョンにまつわるクエストをクリアして
レアなアイテムやお金などをゲットできます。
クエストをこなしていくとギルドポイントが貯まり、ギルドランクが上がります。
レベル30以降の装備はほとんどが
ギルドランクが高くないと装備できない仕様になっているので面倒です(笑)

さらに「ジオラマ」というメニューがあり、
一から街を自分で作っていくというもので、
自分で土地の権利を買って、そこら辺に転がってる素材とお金で建物や
木、草、畑やお店などをジオラマに置いていく。
それだけじゃなくて、そのジオラマに各地の街で出会った色んな職業の人を
「スカウト」して街を発展させることが出来る。
そしてなんと自分で作った「ジオラマ」に入って物を買ったり、
スカウトした人たちとお話ししたり、アイテムを貰ったりできるという。
ジオラマでしか手に入らない物もあるらしいです。
ただし、ジオラマも大きくするには「ギルドランク」が高くないとだめなんです・・・。
これ、中々面白いんです。

現在ギルドランク5。装備もジオラマも大体ギルドランク7からなんですよね。
あと2つもランク上げないといけないのかと思うと・・・
超めんどうになってくる私でした。

JUGEMテーマ:白騎士物語 – 古の鼓動 –

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。