コンテンツへ移動

12/2 午後の面会。

 

午後6時ごろ、また病院に行ってきました。
いつも家にいるあいつがいない。という事実に胸も張り裂けそうな寂しさをヒシヒシと実感。
とりあえず昨日一切手をつけられなかった仕事を淡々とコナシテ、
ひと段落着いた所で病院へ。
たたんだ先は面会時の長文です。
電話してから病院へ。家から歩いて5,6分の所です。
よく考えずに来てしまったのですが、診察を待つワンコが沢山。
夕方だもんな・・・忙しいのに悪いことしたな、今度は時間をずらして来ようと思っていたら、
横にいたプードルちゃんが「きゅーんきゅーんきゅーーーーーーっ」と切ない悲鳴をあげている。
何に悲鳴をあげてるのやら・・・と思っていたら飼い主さんが
「この子病院が好き過ぎて、診察が待ちきれないんですよぉ」と。
「ど ん だ け い い 病 院 な ん で す か ! ?」
と考えてしまいました。
その後、トリミング用の小部屋をお借りしてインディと面会。
やつはどうやら私を許してくれたようです(泣)
スタスタとそばに寄ってきて頭を私の膝の上に。思う存分スリスリしてしまいました。
「もう、ご飯も食べてますし、さっきオシッコしにお散歩してきたんです」と看護士さん。
お腹を開いて次の日に散歩って・・・ワンコは凄いな!と心底思ってしまいました。
さらにインディはテンションの高い犬ですので、
痛み止めなどを使いすぎると調子に乗ってはしゃいでしまうので、
まだちょっと元気が無い(つまり痛いのです・・・)とのこと。
いいのか悪いのか、喜んでいいやら悲しいやら、複雑です。
最後帰るときは「あれ!まだ置いていかれるのかぁあああああああああ!!!」と
暴れる姿を見ていたらまた泣きそうになってしまいました・・・。
明日は病院がお休みなので面会には行けないんですが
駄目飼い主の方が落ち込みが激しい予感がします・・・。
ちなみに旦那様は手術前にインディにあって以来会いに行ってませんが
「元気ならいいんだ、会わなくても」だそうです。
意味がわかるようなわからない様な、深いのか浅いのかわからないうちの旦那様でした。
広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。