コンテンツへ移動

【Skyrim】血の栄誉→復讐の正当性。


こんばんは(*´・ω・)うちのアラゴルンさんは今日もイケメンです。

同胞団のクエを進めたのでメモ書き。
こちらのクエも前のキャラでやっていたので簡単に。

同胞団クエ「シルバーハンド」の後アエラさんに「心を射止める」を受けます。
「心を~」は簡単ですぐに終わります。ジョルバスクルに戻ってアエラさんに報告すると
「コドラクが話したがっていた」と言われるのでジョルバスクル住居区に行きコドラクと話す。


コドラクは同胞団の「ウルフの血脈」をよく思っていないらしい。
「ウェアウルフ」になれるようになったのは誇り高きチカラではなく、呪いだということ。
昔の同胞団のリーダーが、ある時に魔女と契約をしてウェアウルフのチカラを得たらしいのだけど
一時的な力だと思っていたが、永遠に変化することになってしまったらしい。

要するに魔女に騙されたんだとコドラクさんは言う。
この呪いはハーシーンの呪いでこの血の結末は死ぬ前にハーシーンによって
「狩り」に出され死ぬまで戦って終わるのだとコドラクさんが言います。


この呪いを解くには、昔契約した魔女を殺すことだそうだ。
彼は私に「魔女のクビを取ってきてほしい」らしい。


ということでやってきました魔術結社。


中にはハグレイブンがいるので倒す。
5体ぐらい倒すとオプションまでクリアします。


この洞窟は特に仕掛けなどはないですが、道の下などに横穴がでてるので見つけにくい。
よく見れば迷うということもありません。


ジョルバスクルに戻ってコドラクさんに報告しようとしたら、何か騒然としております(; ・`д・´)


どうやら同胞団と敵対する「シルバーハンド」の襲撃があったらしく、
なんとコドラクさんは亡くなっていました・・・。


「シルバーハンド」って要するにウェアウフルを憎む集団なんですよね。
その彼らにウェアウルフであることを良くないと思っていた
コドラクさんが殺されるなんてなんという皮肉でしょうか。

シルバーハンドは同胞団が大事にしている「ウースラドの破片」を持っていってしまったらしい。
ヴィルカスさんはそれを取り返しに行くというので一緒にいくことになる。
「復讐の正当性」スタート。


ウースラドを持っていったシルバーハンドはドーンスター付近の「ドリフトシェイドの隠れ家」にいる。


最深部手前の部屋の机の上にウースラドの一部。

ここまで大した仕掛けは無いのですが敵が多いです。
ここはヴィルカスさんがついてきてくれますがアラゴルンさんはついてこれません。


高速移動でホワイトランに戻るとヴィルカスさんが先に走っていくので一緒にスカイフォージへ。


スカイフォージではコドラクさんの火葬がはじまってました。


イベントが終わったあとにエオルンドの横を通ると
「コドラクの部屋からウースラドの破片を持ってきてほしい」と言われる。


ジョルバスクル住居区の一番奥右手の部屋がコドラクの部屋。
ベッドの横にある引き出しの中にウースラドの破片。


破片をエオルンドに渡すと「アンダーフォージで仲間が待ってるから行け」と言われる。


アンダーフォージに行ってみるとアエラさんとヴィルカスとファルカスの双子が
コドラクについて話しています。
ウェアウルフのまま死ぬとゾブンガルデにいけないらしいのでコドラクの魂を助けたいと話しているのか?
コドラクさんを助けるためにはイスグラモルという同胞団の偉大なリーダーのお墓に行く必要があるらしい。
ただし墓に入るにはウースラドの斧が必要なんだそうだ。


するとエオルンドが入ってきて「ウースラドの斧は復活した」とのこと。
私が集めた破片をきっと打ちなおしたに違いない。イスグラモルの墓には危険な物がいるらしい・・・。
「ウースラドの破片を集めたお前にも戦う責任がある」といわれて
アエラさん達とイスグラモルの墓に行くことに。

アエラさん達は先に走って行きましたが、私はあとで行こうと思います(。・ˇ_ˇ・。)
おやすみなさい。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。