コンテンツへ移動

【Skyrim】湿ったスピリッツ。


コンバンワ(=゜ω゜)ノ
昨日の続きクエスト「湿ったスピリッツ」のメモ。

ゴールデングロー農園に潜入した後、メイビン・ブラックブライアに会いに行く。
メイビンは昼間は道をウロウロしていることが多いですが、
昼食と夕飯時はビーアンドバルブ(酒場)で何か食べていたり、
その他の時間は大体ビーアンドバルブの2階の隅っこに座っています。


メイビンのところにいって話を聞くと、
ホワイトランにあるホンニグブリューハチミツ酒醸造所のサビョルンという男に恨みを持っているらしい。

今までメイビンのハチミツ酒が一番の売上だったのが、サビョルンの出現により危うくなってきているという。
サビョルンはどこからかハチミツを入手し、すこぶる美味しい酒を作っているという。
メイビンはどうにかしてサビョルンを陥れるつもりらしい。

ホワイトランの酒場バーナードメアにいってマラス・マッキウスという人に会ってこいと言われる。


マラスさんはバーナードメアに入って左の部屋の奥にいます。
この男はメイビンの手下らしいけど、どうやら個人的にサビョルンに恨みがあるらしい。
マラスさんの話によると、計画はサビョルンのハチミツ酒の樽の中に毒を仕込み、彼を陥れるつもりだ。
そして毒を入れるのは私の役目・・・(´;ω;`)なんかやだなー。


サビョルンの醸造所はホワイトランを出て東側にある農園のやらがあるあたりにあります。


中に入るとサビョルンが害獣が出て困っているという。
「手伝う」といって彼から害獣を殺すための毒をもらう。

マラスさんとメイビンの話だけ聞いていたら、サビョルンが可哀想だなと思っていましたが
サビョルン自身からマラスさんを言いなりにして借金をさせてタダ働きさせていたと聞いて
この人もちょっとは悪いことしていたのだなと思って少し気が楽になりました(; ・`д・´)

害獣は地下倉庫にいるので向かう。


倉庫でネズミを殺した後、下に穴が伸びているので入る。


しばらくネズミが襲ってきますが、途中の開けた場所でおかしな魔法使いが襲ってくるので倒す。
その魔法使いのいたあたりのワラの束のあたりに毒を仕掛ける。


そのまま穴の先へ進むと反対側の建物に入る。


奥に入ると酒の樽があるのではしごで上の段に上がり、樽のふたを開けて毒を入れる。


戻ってサビョルンに報告。
すぐにイベントが始まる。


ホワイトランの衛兵指揮官の人がサビョルンの酒の味見をするが、不味いといって怒り出す。
サビョルンは見に覚えがいない、不味いはずはない!と言いはるが、
怒った衛兵指揮官はもっと怒ってサビョルンはそのまま衛兵指揮官に捕まり連れて行かれてしまう・・・。


そこにはマラスさんも来ていて衛兵指揮官に「ここは任せた」と言われる。
これでマラスさんはここの責任者になったわけだ・・・。


「こんなにうまく行くとは思わなかったぜ」と言っています・・・
最後にマラスさんからサビョルンの化粧台の鍵をもらい、部屋を探り、手紙をGET。


戻ってメイビンに報告。まぁまぁね、位のことは言われたがお褒めの言葉も無い。
この女いつか殺す(。・ˇ_ˇ・。)


ギルドに戻り、ブリニョルフに報告。
今度はメルセルが私に会いたいという。


サビョルンの部屋から見つけた手紙と、
ゴールデングロー農園で見つけた手紙には同じマークが書かれていた。

このマークは昔盗賊ギルドで働いていたアルゴニアンのタレン・ジェイガラム・エイという男の暗号らしい。
メルセルはタレン・ジェイガラム・エイと接触しろと言ってきたぞ・・・。
盗賊ギルドクエは長いけど面白い。
※タレンジェイはリフテン酒場のアルゴニアンでした・・・。

続きは次回!

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。