コンテンツへ移動

新生FF14【にっぽんぽんさんMasamuneに来る】

そろそろみんなレベル50になり、ほとんどのコンテンツを終え、
FCやLSなどにも馴染んできて、何かこうもやもやとした
やる気のない日々をお過ごしではないだろうか。

最初は何かもが目新しく、楽しんで遊んできたけど、レベルがキャップに到達して
「哲学」やら「神話」を集めるのにも飽きてきた頃ではないでしょうか。

感傷的な気持ちになると思い出す、楽しかった日々
最近私はβテスト時に知り合った「にっぽんぽん」さんのことを思い出した。
(にっぽんぽんさんの記事はコチラ

ffxiv_20130715_174636
これはβテスト最後の日、ジェントルメンことラミとニッポンポンさんの最後の瞬間である。
2人は出会ってすぐに意気投合しBetaテストの後半、
かなりの時間を一緒に過ごした仲でした。

ffxiv_20130714_002130

ffxiv_20130714_232828
息がピッタリの2人。

ffxiv_20130714_000843
SSにあるように2人はたくさんの時を一緒に過ごしたのです
最後にサービス開始からのサーバーが別なことをお互いに確認し別れたのです・・・。
私達はレガシーサーバーでニッポンポンさんは新規サーバーでサービスを開始してはや3ヶ月。
どうしてるかな・・・なんてFCチャットで話していたんですよ。

そして昨日、ウルダハでぶらぶらと歩いていたら「Nipponpon」って名前の人が・・・。
「えっ!?まさか!」と思ったらやっぱりコチラを見てる。
でも逃げるように歩いて行ってしまったので、急いで追いかける。
ffxiv_20131116_193311

追い詰めたので反応を見るためにエモをしてみると、返してくれる。
声を聞いたらヤヴァすぎたので、これはもう絶対にあの方だと思い
「あのーあの時のニッポンポンさんですか?」
「はいそうです」
「えええーーーーーっ!」

なぜ!なぜMasamuneにいるのか!!!どうしてMasamuneって知ってたのか!
FCチャットで「本物のニッポンポンさんだったーー!」といったら
ラミがスッ・・・とログアウト。

あとはお解かりですよね・・・
ちゃんとジェントルになって(別キャラ)感動の再会です(´;ω;`)
泣けますよね・・・ええほんとに。

感動し過ぎて2人のSS取るの忘れたんですけどね・・・(笑)
この何千人といるサーバー内で彼を見つけられたことに運命を感じました。
話を聞くと私たちのことを思い出してわざわざ遊びに来てくれたそうです。
嬉しいですね、ほんとに。

そして1時間ほどジェントルとのコラボを楽しんだあと、
ニッポンポンさんは自分のサーバーへ帰って行きました。

もしかしたらニッポンポンさんも私たちのように、
何かもやもやした気持ちになり、思い出してくれたのかもしれませんね。
また遊びに来てくださいね!ニッポンポンさん!必ず!待ってます☆

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。