コンテンツへ移動

映画【Hobbit 竜に奪われた王国】

観てきました。2時間半の長編ですが、終わっちゃうのが残念なぐらい最後までワクワクが止まりませんでした。

Hobbitは「竜に奪われた王国」が第2章。
Hobbitの1章「思いがけない冒険」はiTunesで購入し鑑賞。

あのロード・オブ・ザ・リングシリーズと同じ原作者(トールキン)と監督の作品ですが
実はHobbitはロード・オブ・ザ・リングの前のお話になり、
ロード・オブ・ザ・リングでフロドが指輪を破壊する旅でるきっかけとなるのが、このHobbitの話なのです。

当然LOTRの前の話なので登場人物も同じ人が出ています。
「ビルボ・バギンズ」「ガンダルフ」「サルマン」「レゴラス」「エルロンド」「ガラドリエル」。
LOTRシリーズ第1章は2001年の作品なので、かれこれ13年ほど経過してるわけです・・・。
当然俳優さんにも13年の月日が流れてるわけです。
LOTRの前の話なのにLOTRより歳をとっている現実にちょっとモヤッとします・・・。

20070922150420

2001年のビルボ。

2012年のビルボ。

2012年のビルボ。

主役のビルボは冒頭の部分のみ2001年のLOTRに出ていたイアン・ホルムさんで描かれていましたが、老いは隠せず・・・。
さらにメインのお話の方はこのビルボが若かった頃の話なので更に若返りこの方に・・・。

若かりし頃のビルボを演じるマーティン・フリーマンさん。

若かりし頃のビルボを演じるマーティン・フリーマンさん。

レゴラス役のオーランド・ブルームもイケメンには変わりないのですが、
まー太っちゃった+偉そうで・・・月日の流れを感じました。
オーランド・ブルームは2001年のLOTRで大抜擢されて世の中に出た人なので
当時の映像を見ると本当に初々しく若々しいのです。

The_Hobbit_The_Desolation_Of_Smaug_New_Banner_Oficial_g_JPosters

ただ戦闘シーンはLOTRの時も別格にカッコ良かったのですが、今回は更にパワーアップしてちょーかっこいいです。
エルフのヒロイン、タウリエル役をでLOSTのケイトを演じていたエヴァンジェリン・リリーさんがやっていたので驚いたと同時に、弓の戦闘シーンがめちゃかっこよかったっす(ºωº)!

12100201_The_Hobbit_An_Unexpected_Journey_01

今回はビルボが主役の物語ですが、そのお話の中心にいるのはドワーフです。
LOTRの時とはまた違ったドワーフという種族を学ぶことができます。
1章と2章をみて学んだことは、ドワーフは荒々しく、短気で勇敢。
仲間との結束も強いプライドの高い種族ということです。
さらにドワーフにもイケメンがいるんだなって思いました・・・。(上の画像参照)

とにかくLOTRでなぜドワーフとエルフが仲が悪かったのかとか、あ!この人がギムリのお父さんね!とか
LOTRファンなら絶対に楽しめる要素が満載で、各種族の装備や建造物の細部に渡る忠実さに感銘を受け、
原作者のトールキンへのピーター・ジャクソン監督の敬愛を感じました。

トールキンはLOTRの原作者であり、エルフ、Hobbit、オークなど、すべてのファンタジーの原点を作った人です。

今私が様々なRPGをゲームとして楽しめているのも、彼のおかげかと思うと胸が熱くなるわけですよ・・・。
第3章でHobbitも完結ですが楽しみすぎて泣きそうです。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。